これで蛇口交換は完璧!

アパートの水道の蛇口を交換するときの注意点

アパートの水道の蛇口を交換するときの注意点 アパートの水道の蛇口を交換する際の注意点ですが、賃貸物件には必ず規約が存在します。
言わばアパートのマニュアルであり、その規約の中に無断のリフォーム工事を禁止する項目があった場合、安易に工事依頼を出してはいけません。
大家さんとトラブルになる可能性が高いです。
水道のリフォーム工事をする際に一度大家さんに問い合わせてみましょう。
壁に穴を開けたり、台所を総入れ替えするような大規模なリフォーム工事は規約で厳格に禁じられている事が多いです。
一方で水道の蛇口を交換する程度の比較的小規模な事であれば、大家さんの判断によって逆に許可が下ります。
ただ無断で交換すると、退去する際に原状回復の費用を請求されます。
素人目には旧型の物を新型の物に交換したわけなので、逆に費用を請求される覚えはない、と考えがちです。
しかし大家さんの目線からすると、たとえ品質的には良くなっていても自分の管理する物件の一部が許可なく変わっていた事になり、それを元通りにするために費用請求をする事は普通の事となり、実際に法的にもこの場合だと大家さん側が優位となります。

マンションの蛇口等の水道トラブルのときは管理人を参考にしましょう

マンションの蛇口等の水道トラブルのときは管理人を参考にしましょう マンションも築年数がある程度経つと、水道など毎日使うところの劣化が始まります。
特に経年で必ず劣化するゴム部品のパッキンは、定期交換が必要である場合も多く、水漏れなどのトラブルが多いところでもあります。
また近年は水道に浄水器を取り付ける場合もあり、その際の施工が悪いとパッキンに傷が入ったり締め過ぎて劣化が早まったりしますから注意が必要になります。
水道蛇口はメーカーのデザイン性の良い製品があって、水漏れトラブルと同時にこれに交換することもよくあります。
しかし注意しないと取り付け口径が合わないなどのケースもありますから、事前に調査しておかないといけません。
このようなときはマンションの管理人に相談すると、疑問が解消することがあります。
似たような間取りの部屋に住んでいる管理人は、自分もこれらのことに遭遇したことも多く、また同様の相談を住人から受けたことがあると思います。
したがってこの部分は取り付かない、この箇所は自分で簡単に取替え可能など、熟知している可能性が高いです。
また安い費用で施行してくれる水道会社を紹介してもらえるかもしれません。
決して安くない管理費を月々支払っているのですから、こんなときくらいは具体的に役に立ってもらいましょう。
あるいは管理人のキッチンや風呂場などを見せてもらって、どのような修理や浄水器ユニットを取り付けているかを確認させてもらいましょう。
かなり参考になるはずです。

新着情報

◎2018/8/28

水道の蛇口工事の大変さ
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「蛇口 アパート」
に関連するツイート
Twitter